10月度特別講演会 思考のくせに気づけば人生が、地域が変わる

22539904_1529484877089274_4809178653799426545_n

10月19日 太志塾では、元佐賀市長、現在、福岡大学 経済学教授の木下敏之氏から、「思考のくせに気づけば人生が、地域が変わる」の授業を受ける! 具体的な数字に!日本人が日本を知らない事にショック! 今居る場所で、何をするべきか!木下教授は具体的に婚活のPRも支援している。 講義は、懇親会でも続く!さあ!何をするか?実践に移して行こう! 木下教授に感謝!

22491845_1529484603755968_1462117748091382433_n

22528146_1529485407089221_2183773298586883765_n

22539904_1529484877089274_4809178653799426545_n

22540074_1529484507089311_3819987286796063349_n

22549539_1529484980422597_4325758628405085139_n

22549876_1529484667089295_8295518026006980815_n

22552479_1529485313755897_5978433653620992507_n

22552537_1529485500422545_4372894475788071854_n

22554807_1529485630422532_8076468239053514837_n

22554851_1529484767089285_3209711146935700155_n

22687954_1529485047089257_4971633878666372742_n

22728975_1529485183755910_5737822446467552193_n

10月度特別講演会 吉田しのぶ氏とルン爺、こと永澤徹氏の講演

22426616_1521018511269244_1462700662955236521_o

「植物は人が居なくても生きていける。 人は植物がいなかったら生きて行けない」 食の自立無くして国の自立はない、 食という字は「人に良い」と書く この言葉に深く考えさせられました。 今日は太志塾10月度特別例会です。 童心回帰で農業法人を立ち上げられた、 大変な体験を通しての深いお話でした。今日も皆さんとまた新鮮な 学びと気づきをいただきました。吉田しのぶ様、ルン爺様、感謝、感謝、感謝です。(大島代表fb より)

22406011_1521017881269307_7130034082909505931_n

22450043_1521018144602614_7908008481795589940_n

22539817_1521018051269290_7671396787949602247_n

7/19 第7回「五感に響く 炎の論語塾」感想

21765354_1502921016412327_8410727737884161808_n

論語塾ではあるのだが毎回中島氏の設定した一人芝居場の

圧倒的エネルギーに飲み込まれる感覚が心地よい

コミカルなトークはいつのまにか落語に変わり

あぁ そう言えば落語も座布団一枚分の一人芝居なのだと気付く

五感のみならず六感まで豊かになる勉強会である

塾生Hさん

9:21炎

21686215_1502920986412330_2025086108794118179_n

21616147_1502920976412331_6543514825913481900_n

21686275_1502920989745663_9141155159459489403_n

日中文化資料館を訪れて

大村13

 

 

まずは、あまりの資料の多さに驚かされ、続いては馬場先生の100メートル、50メートルの巻物に圧巻❕

 

これほどまでの品を、中国より日本へ運んだこと。それだけでも観る価値のある品々ばかりでした。

 

「文字」を書くものは紙と、当然のように思っていた現代病とも言える思い込み。

 

人類歴史は、文字が生まれてから次のような変遷を辿り、やっと「紙」に到達したのだという、歴史の流れがみえたことは大きな収穫でした。

 

人類の生きた日常の様が蘇ります。
甲骨文字→青銅文字→石盤文字→竹簡 木簡文字→紙

 

人間は、その時代時代で、どんなことを思い考えていたのか?文字というもので表現することを通し、自分以外の人へ、ひいては後世へ思いを繋いでいたのか?
そして「思い」は、思い込んだら重い!思い切ったら軽い!名言でした。

 

7/19 第6回「五感に響く 炎の論語塾」(会員様ご感想)

IMG_0030
7月19日(水)に第5回「中島純一氏による「五感に響く 炎の論語塾」」を開催致しました。
大勢の方にご参加頂き誠にありがとうございます。
今回は参加された会員様の感想をご紹介します。

【本山様の感想】
炎の論語塾に在る、「炎」の語源は、
人が踊る姿が重なったもので、参加者が互いの心に
「火」をともし合う場で在って欲しいとの意味だそうです。

この塾は、論語の本を読み合わせるだけではなく、
中島淳一先生の一人演劇で表現してくれるおかげで
難しく感じる論語が理解しやすいのです。

本来、多くの観客の前で演じる、一人演劇を
私たち少人数の中で演じて頂けるので、
近くで迫力を感じる事も出来、
大変楽しく学べる事に感謝しています。

【O様の感想】
「出せば入る」
全ての学びはアウトプットの為にある!という事で、先日の太志塾で学んだ事をアウトプット致します。

吉田松陰先生の教え
『みんな必ず長所がある。
それを見つけて伸ばすがよい。』
例えば高杉晋作氏はとても頑固な人だったそうです。それを、ワガママだ!融通がきかない!と捉えずに意志の強い人だと捉え褒めて伸ばした。

また、松下村塾では
『教えるのでは無い、共に学んで成長する。
学んだだけではダメ、実践して初めて役に立つ。』と吉田松陰先生は生徒と共に学ぶ姿勢を貫いていたそうです。

『強い国とは組織とは、上と下の意志が共通。
リーダーの押し付けでは強くならない。』
『人格的に大きな器の人間でないと人はついて来ない。大きな器とは、どんな人に対しても礼を尽くす人の事だ。』
『The ceated creator.人間には無から有を生み出す力がある。創造者になれるのが人間。人は何を生み出す為に生まれてきた。』

1.志高く、常に問題意識を追求し
2.知識を磨き、知恵を出し
3.情熱を持って
4.行動せよ

知ってるだけでは知らないのと一緒。
言っただけでもダメ。
今日もしっかり行動します。

【お申込み方法】
他日程も申込受付中です。詳細はこちら

※動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。


1477638918126

1477638586044

「五感に響く 炎の論語塾」日程追加のご案内

ご好評頂いております中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾」、
下記日程を追加いたしました。
皆様のご参加お待ちしております。
詳細はこちら

第6回 7月19日(水)
第7回 9月21日(木)

img_seminer170209

6/6 第5回「五感に響く 炎の論語塾」(世話人会より)

t06061
6月6日(火)に第5回「中島純一氏による「五感に響く 炎の論語塾」」を開催致しました。
大勢の方にご参加頂き誠にありがとうございます。
今回は世話人会感想をご紹介します。

【世話人会感想】
「炎の論語塾」、それはまさに天才芸術家中島淳一の情熱(パッション)の炎なのだ。

本人が言っているように「私にとって芸術は生存の必須条件なので創造するかどうかよりいかに創造するかが極めて重要なのである」まさに生き方が芸術だという感じだ。

まずは1人芝居から始まる。今回は釈迦だったが目をつぶって聞いていてもその内容の面白さと語り口調にはついつい引き込まれてゆく、そして気がつくと自分の世界の中に中島淳一氏の世界が広がっていた。

論語の話にいたると、脚本家、演劇家、画家、あらゆる芸術の才能を駆使し自由奔放に中島論語を語りかけてくる。論語とは何かではなく(人生感)生き方とは何かだ。

ときには仏教、法華経、ときにはキリスト教、孔子、また自分の経験談や人生感、作家活動などの話をたくみに入れながら、わかりやすく論語の例えを描き語る。

聞き手に高揚感を与え、ある時は重く哲学者のように、またある時には軽く漫才師のように、それはまるで白いキャンバスの上に自由奔放に絵を描く画家中島淳一そのもののようだ。

聞き手に飽きさせる事なく物語を巧みに展開していく。

そしてその語りが終盤を迎える頃、画家中島淳一の一枚の作品が描き終える。

【お申込み方法】
こちらの講座は全日程終了いたしました。詳細はこちら

1477638918126

1477638586044

1477638586044

5/24 第4回「卒寿を迎える人生の達人から学ぶ人間力講座」(会員様ご感想)

1495665856835
5月24日(水)に第4回「卒寿を迎える人生の達人から学ぶ人間力講座」を開催致しました。
大勢の方にご参加頂き誠にありがとうございます。
今回は参加された会員様の感想をご紹介します。

【会員K様の感想】
正しく明るい目で、見て視て観ると言う一文には自分の思い込みや感情にとらわれている自分など色々振り返る言葉でした。
そして、今 とはどんな今?なのかを考えさせられ、今が居間という安息地が安定している事に繋がるとは思いもしませんでした。
理解する知恵、心を持って行動する、情を持って思いやる。という意味がありました。私の心がけにしたいと思いました。
諦という字は、凡人はあきらめ と読み、智者は明らかにする と読むそうです。
毎回目から鱗の話ばかりでした。
桃太郎の話が仏教から読み取れるなんて奥の深さにびっくりでした。
書の指導では一字一字丁寧にわかりやすい説明でやりやすかったです。

【お申込み方法】
他日程も申込受付中です。詳細はこちら

review20170421_1

review20170421_3

Drop us a line!