中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾5」

令和に入っての勉強会のご案内

志塾修己治人の会の皆様
これまでの勉強会にご参加くださった皆様
お元気様です、いつもお世話になっております。

5月の連休も終わり、いよいよ新元号「令和」が本格的に動き出しましたが、皆様お忙しく元気で毎日をお過ごしのことと思います。
令和に入っての勉強会のスケジュールをお伝えさせて頂きます。

1)中島講師「炎の論語塾5」講座
【日 程】5月16日(木)、6月13日(木)、7月17日(水)、8月21日(水)
【時 間】18時半~
【場 所】ミレ・ジョブカレッジ博多駅前校
【参加費】会員無料、ビジター2,000円/回
※一人芝居あり、古典落語あり、の笑いあり涙ありで、楽しく論語を学べる講座です!

2)富士令翠講師「運命を切り開く」講座
【日 程】5月11日(土)、6月8日(土)
【時 間】13時半~
【場 所】ミレ・ジョブカレッジ博多駅前校
【参加費】会員無料、ビジター2,000円/回
※これからは「女性の時代」と言われる令和の始まりに相応しい、女性講師の富士令翠先生が、
運命を切り開くために知っておくべきポイントを、面白くわかりやすく勉強できる講座です!

3)馬場恵峰老子日中文化資料館訪問バスツアー
【日 程】6月22日(土)
【時 間】8:30(博多駅出発)~19:00(博多駅帰着)
【場 所】長崎県大村市 日中文化資料館&波佐見温泉
【参加費】会員2,000円、ビジター3,000円
※馬場先生の書に触れながら、お話を聞くことが出来ます(「令和」にまつわるお話もありますよ!)

4)世界文化遺産 松陰神社歴訪と山陰萩探訪バスツアー
【日 程】11月9日(土)
【時 間】7:45(博多駅出発)~19:00(博多駅帰着)
【場 所】山口県松陰神社
【参加費】別途ご案内
※個人では出来ない、太志塾だからこそできる体験が盛沢山です!

4)につきましては、
ご案内チラシが出来ましたら、改めて皆様にお知らせさせて頂きますので、
先にスケジュール確保下さい!

なお、太志塾修己治人の会の「ホーム会場」を変更しております。
それぞれ、お申込みは添付チラシをFAX、もしくは下記ホームページからどうぞ!!
先月から、ミレ・ジョブカレッジ博多駅前校様の教室をお借りすることになりました。
※会員の星山様、ありがとうございます!

場所は、博多駅筑紫口のヨドバシカメラの前、偕成ビルの8階です。
(福岡市博多区博多駅東2丁目5-28 博多偕成ビル808号)

お間違えの無いように、お願いいたします(下記MAPのミレクリエイション様)。

それでは、これから盛りだくさんの太志塾修己治人の会のイベント、
是非ご期待ください!!

今後ともよろしくお願いいたします。

中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾5」

中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾4」

【講師】

中島純一(なかしま・じゅんいち)先生
<プロフィール>
詩集「愁夢」「ガラスの海」など。英詩集など。画家でもある。
1986年より脚本・演出・主演の一人演劇を上演。「釈迦」「孔子」「キリスト」等は有名。
企業をはじめ中・高校、大学での各種講演などマルチに活躍中。

【内容】

「希望ある未来の、道しるべを見つける。」
大好評の論語塾の「続編」!! 初参加でも大丈夫です!!
論語を全身で表現した一人芝居、実体験を通した講和、独自の解釈・表現が論語のイメージを一新する。観て、聴いて、話して、楽しむ新感覚論語講座です。

【日時】

2019年5月16日(木)、6月13日(木)、7月17日(水)、8月21日(水)18:30~20:30
予定分は、改めてご案内いたします。
※書籍「新装版 仮名論語」をご持参下さい。当日会場にて販売も行っております。

【場所】

ミレ・ジュブカレッジ 博多駅前校
福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル808号

【会費】

会員:無料
ビジター:1回 2,000円


FAXでのお申込用紙はコチラ

お申込みフォーム

参加日程  5月16日(木) 6月13日(木) 7月17日(水) 8月21日(水)
お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
自由記入欄


2019年 日中文化資料館バスツアー


お申込用紙のダウンロードはコチラ

【お申込み内容】
『2019年 日中文化資料館バスツアー』
【日時】2019年6月22日(土)
・博多駅から無料バスを運行いたします(先着順、限定25名)
・バス乗り合わせご希望の方:博多駅筑紫口前 8時20分集合 8時半出発
・現地に直接お越しの方:現地集合時間11時
【場所】日中文化資料館:長崎県大村市荒瀬町883-10
【会費】会員:2,000円 非会員: 3,000円
    (当日承ります)

お名前
フリガナ
会社名
電話(携帯)
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
人数
希望コース  波佐見温泉 波佐見焼見学
バス バスの御利用 乗車人数
会員
自由記入欄

2018年 富士令翆氏 講座


【講師】 富士令翆氏
【内容】「2019年以降の流れ」について
【日時】2018年12月7日(金) 13:30(受付) 14時~17時迄
【場所】コミュニケーションエナジー福岡 セミナールーム
    福岡市博多区博多駅前1-14-16 博多駅前センタービル 6F-D(東横インそば)
【会費】会員:無料 ビジター: 2,000円/1回

お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
自由記入欄

申込用紙ダウンロードはコチラ

2018年度2日間秋季講座

2018101220181013

【お申込みの講座名】
2018年度2日間秋季講座
『気力を高めて生きる』
1日目 講師:関 文彦、金子 和斗志、
    講演;筑前りょう太
2日目 講師:久保 千春、重光 悦枝、湯ノ口 弘二
    講演;九州交響楽団弦楽四重奏

【参加日程】
10月12日(金)1日目 14:00~21:00
10月13日(土)2日目 9:20~17:00

【場所】
西鉄イン福岡2F
福岡市中央区天神1-16-1
TEL 092-712-5858

【交流会】
グランドペプチード
福岡市博多区中洲4-6-12-2F
TEL 092-283-6861

【参加費】
2日間参加(2日間受講料・初日交流会費・2日目昼食代込み)
会員様:20,000円 ビジター様:30,000円

1日参加(初日受講・交流会)or(2日目受講・昼食)
会員様:15,000円 ビジター様:25,000円

お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
参加日
自由記入欄

「職場におけるより良い人間関係作り」のご案内

0001

湯ノ口 弘二 氏による「職場におけるより良い人間関係作り」

 皆様の職場内で、今よりもっと「良い関係性」ができたなら・・・時代や相手によって変化しうる永遠のテーマ「組織の人間関係」に光を当て、「最強の組織づくり」とはなんかを知る、そんな講座となっております。

◆日程:

2018年 9月29日(土)、10月27日(土)、12月1日(土)
受付開始:12:30 講義:13:00~18:00


◆場所:
コミュニケーションエナジー福岡セミナールーム
福岡市博多区博多駅前1-14-16
博多駅前センタービル6F-D

◆会費:
会員毎回無料
ビジター 1回 5,000円

————————————————————————————————————————————

◆お問合せ・お申し込み

参加日程  第一回 9月2 9日(土) 第二回 1 0月2 7日(土) 第三回 1 2月1日(土)
お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
自由記入欄

中島淳一氏による「五感に響く炎の論語塾2」 最終回

32191850_1723753164329110_711269893005115392_n

中島先生の炎の論語塾が始まりました。今日は卑弥呼の一人芝居も披露していただいてます。

1、会員KさんとIさんのfbを転載します。

太志塾修己治人の会 中島淳一先生の炎の論語塾!
今回の一人芝居は、[卑弥呼]. 邪馬台国に、自分がいるような錯覚に! 卑弥呼の大和の国への思いが大地にしみわたっている事を! 論語の講義から、トップリーダーは仁!部下は忠! 天才と凡人!鳥と虫! 蝶と蛾! 色々な例え話を! 先生は五月の中旬から、ニューヨークで約1カ月個展を開く!そして、卑弥呼の一人芝居を公演される!出来る事ならニューヨークに着いて行きたい!感謝!

2、次は、会員Iさんのfbを転載します。

一段階の終了ということで、区切りとなった論語塾でしたが、改めて「仁とは二人と書く。即ち関係性」論語は、関係性を説いていることに真理を観ました!二とは、対。太極も意味し、孔子は太極を観る心を養おうとされていたという言葉にも、真理の教えであることが繋がります。そして、「忠とは心の中と書く。即ち素直であること」忠義を尽くすことは素直であること。これには、自らの頑固さにメスを入れられた感がありました。

最終回は、漢字からの学びが多くありました。
「蝶とは、虫も木の上の世界の行く=天才」
「蛾とは、我は虫だ=凡人」
我をどう思うのか! そして心構えが90%最も大事なことであることは、日頃より肝に銘じてるあり方と繋がりました。

古典からの学びを今現代に生かすために、人間のあり方の変化が問われる時代となったことも、再認識させられた最終講でした。

32191469_1723753144329112_5979546305209303040_n

32215491_1724329717604788_6416208552087519232_n

32226934_1724329874271439_2206350942205378560_n

32247344_1724329550938138_2231509258602545152_n