中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾5」

中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾4」

【講師】

中島純一(なかしま・じゅんいち)先生
<プロフィール>
詩集「愁夢」「ガラスの海」など。英詩集など。画家でもある。
1986年より脚本・演出・主演の一人演劇を上演。「釈迦」「孔子」「キリスト」等は有名。
企業をはじめ中・高校、大学での各種講演などマルチに活躍中。

【内容】

「希望ある未来の、道しるべを見つける。」
大好評の論語塾の「続編」!! 初参加でも大丈夫です!!
論語を全身で表現した一人芝居、実体験を通した講和、独自の解釈・表現が論語のイメージを一新する。観て、聴いて、話して、楽しむ新感覚論語講座です。

【日時】

2019年5月16日(木)、6月13日(木)、7月17日(水)、8月21日(水)18:30~20:30
予定分は、改めてご案内いたします。
※書籍「新装版 仮名論語」をご持参下さい。当日会場にて販売も行っております。

【場所】

ミレ・ジュブカレッジ 博多駅前校
福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル808号

【会費】

会員:無料
ビジター:1回 2,000円


FAXでのお申込用紙はコチラ

お申込みフォーム

参加日程  5月16日(木) 6月13日(木) 7月17日(水) 8月21日(水)
お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
自由記入欄


2019年 日中文化資料館バスツアー


お申込用紙のダウンロードはコチラ

【お申込み内容】
『2019年 日中文化資料館バスツアー』
【日時】2019年6月22日(土)
・博多駅から無料バスを運行いたします(先着順、限定25名)
・バス乗り合わせご希望の方:博多駅筑紫口前 8時20分集合 8時半出発
・現地に直接お越しの方:現地集合時間11時
【場所】日中文化資料館:長崎県大村市荒瀬町883-10
【会費】会員:2,000円 非会員: 3,000円
    (当日承ります)

お名前
フリガナ
会社名
電話(携帯)
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
人数
希望コース  波佐見温泉 波佐見焼見学
バス バスの御利用 乗車人数
会員
自由記入欄

2019年 日中文化資料館バスツアー


お申込用紙のダウンロードはコチラ

【お申込み内容】
『2019年 日中文化資料館バスツアー』
【日時】2019年6月22日(土)
・博多駅から無料バスを運行いたします(先着順、限定25名)
・バス乗り合わせご希望の方:博多駅筑紫口前 8時20分集合 8時半出発
・現地に直接お越しの方:現地集合時間11時
【場所】日中文化資料館:長崎県大村市荒瀬町883-10
【会費】会員:2,000円 非会員: 3,000円
    (当日承ります)

お名前
フリガナ
会社名
電話(携帯)
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
人数
希望コース  波佐見温泉 波佐見焼見学
バス バスの御利用 乗車人数
会員
自由記入欄

中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾5」

中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾4」

【講師】

中島純一(なかしま・じゅんいち)先生
<プロフィール>
詩集「愁夢」「ガラスの海」など。英詩集など。画家でもある。
1986年より脚本・演出・主演の一人演劇を上演。「釈迦」「孔子」「キリスト」等は有名。
企業をはじめ中・高校、大学での各種講演などマルチに活躍中。

【内容】

「希望ある未来の、道しるべを見つける。」
大好評の論語塾の「続編」!! 初参加でも大丈夫です!!
論語を全身で表現した一人芝居、実体験を通した講和、独自の解釈・表現が論語のイメージを一新する。観て、聴いて、話して、楽しむ新感覚論語講座です。

【日時】

2019年5月16日(木)、6月13日(木)、7月17日(水)、8月21日(水)18:30~20:30
予定分は、改めてご案内いたします。
※書籍「新装版 仮名論語」をご持参下さい。当日会場にて販売も行っております。

【場所】

ミレ・ジュブカレッジ 博多駅前校
福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル808号

【会費】

会員:無料
ビジター:1回 2,000円


FAXでのお申込用紙はコチラ

お申込みフォーム

参加日程  5月16日(木) 6月13日(木) 7月17日(水) 8月21日(水)
お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
自由記入欄


2018年 富士令翆氏 講座


【講師】 富士令翆氏
【内容】「2019年以降の流れ」について
【日時】2018年12月7日(金) 13:30(受付) 14時~17時迄
【場所】コミュニケーションエナジー福岡 セミナールーム
    福岡市博多区博多駅前1-14-16 博多駅前センタービル 6F-D(東横インそば)
【会費】会員:無料 ビジター: 2,000円/1回

お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
自由記入欄

申込用紙ダウンロードはコチラ

2018年度2日間秋季講座

2018101220181013

【お申込みの講座名】
2018年度2日間秋季講座
『気力を高めて生きる』
1日目 講師:関 文彦、金子 和斗志、
    講演;筑前りょう太
2日目 講師:久保 千春、重光 悦枝、湯ノ口 弘二
    講演;九州交響楽団弦楽四重奏

【参加日程】
10月12日(金)1日目 14:00~21:00
10月13日(土)2日目 9:20~17:00

【場所】
西鉄イン福岡2F
福岡市中央区天神1-16-1
TEL 092-712-5858

【交流会】
グランドペプチード
福岡市博多区中洲4-6-12-2F
TEL 092-283-6861

【参加費】
2日間参加(2日間受講料・初日交流会費・2日目昼食代込み)
会員様:20,000円 ビジター様:30,000円

1日参加(初日受講・交流会)or(2日目受講・昼食)
会員様:15,000円 ビジター様:25,000円

お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
参加日
自由記入欄

「職場におけるより良い人間関係作り」のご案内

0001

湯ノ口 弘二 氏による「職場におけるより良い人間関係作り」

 皆様の職場内で、今よりもっと「良い関係性」ができたなら・・・時代や相手によって変化しうる永遠のテーマ「組織の人間関係」に光を当て、「最強の組織づくり」とはなんかを知る、そんな講座となっております。

◆日程:

2018年 9月29日(土)、10月27日(土)、12月1日(土)
受付開始:12:30 講義:13:00~18:00


◆場所:
コミュニケーションエナジー福岡セミナールーム
福岡市博多区博多駅前1-14-16
博多駅前センタービル6F-D

◆会費:
会員毎回無料
ビジター 1回 5,000円

————————————————————————————————————————————

◆お問合せ・お申し込み

参加日程  第一回 9月2 9日(土) 第二回 1 0月2 7日(土) 第三回 1 2月1日(土)
お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
自由記入欄

「五感に響く炎の論語塾2」のご案内

honou02

皆様におかれましては、ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。

さて、いよいよ2月から中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾」が始まります。
会場は、湯ノ口講師のコミュニケーションエナジー福岡セミナールームをお借りして開催することになりました。

理事・幹事会一同、太志塾理念に沿って楽しい会に盛り上げてまいります。
お互いに切磋琢磨しながら人間力を磨き合う仲間として、
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

以上

————————————————————————————————————————————

0001

中島純一氏による「五感に響く炎の論語塾2」

 講義あり、笑いあり、芝居あり。ここだけの論語塾
 論語を全身で表現した一人芝居、実体験を通した講話、独自の解釈・表現が
 論語のイメージを一新する。観て、聴いて、話して、楽しむ新感覚論語講座。

◆日程:
2017年2月15日(木)~
受付開始:18時 講義:18:30~20:30

毎月1回4回コース(2/15・3/22・4/5・5/10 (全て木曜日)

◆場所:
コミュニケーションエナジー福岡セミナールーム
福岡市博多区博多駅前1-14-16
博多駅前センタービル6F-D

◆会費:
会員毎回無料
ビジター 1回 2,000円×4回

————————————————————————————————————————————

◆お問合せ・お申し込み

参加日程  2月1 5日 3月2 2日 4月5日 5月1 0日
お名前
フリガナ
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
会員
自由記入欄

7/19 第7回「五感に響く 炎の論語塾」感想

21765354_1502921016412327_8410727737884161808_n

論語塾ではあるのだが毎回中島氏の設定した一人芝居場の

圧倒的エネルギーに飲み込まれる感覚が心地よい

コミカルなトークはいつのまにか落語に変わり

あぁ そう言えば落語も座布団一枚分の一人芝居なのだと気付く

五感のみならず六感まで豊かになる勉強会である

塾生Hさん

9:21炎

21686215_1502920986412330_2025086108794118179_n

21616147_1502920976412331_6543514825913481900_n

21686275_1502920989745663_9141155159459489403_n

日中文化資料館を訪れて

大村13

 

 

まずは、あまりの資料の多さに驚かされ、続いては馬場先生の100メートル、50メートルの巻物に圧巻❕

 

これほどまでの品を、中国より日本へ運んだこと。それだけでも観る価値のある品々ばかりでした。

 

「文字」を書くものは紙と、当然のように思っていた現代病とも言える思い込み。

 

人類歴史は、文字が生まれてから次のような変遷を辿り、やっと「紙」に到達したのだという、歴史の流れがみえたことは大きな収穫でした。

 

人類の生きた日常の様が蘇ります。
甲骨文字→青銅文字→石盤文字→竹簡 木簡文字→紙

 

人間は、その時代時代で、どんなことを思い考えていたのか?文字というもので表現することを通し、自分以外の人へ、ひいては後世へ思いを繋いでいたのか?
そして「思い」は、思い込んだら重い!思い切ったら軽い!名言でした。

 

Drop us a line!